平成30年度奨学生 募集要項


  1. 応募資格
    高等学校、高等専門学校、大学または大学院に在学し、学業、人物とも優秀で、かつ健康であり、学資の支弁が困難と認められるもの。
  2. 奨学金額
    高等学校奨学生
    月額
    11,500 円
    高等専門学校奨学生
    月額
    16,000 円
    大学奨学生
    月額
    25,000 円
    大学院奨学生
    月額
    30,500 円

  3. 採用予定数
    高等学校生
    2名

    高等専門学校生
    1名

    大学生
    13名
    大学院生
    4名

  4. 支給期間
    正規の最短修業年限とする。
    2年次以降に支給を受ける場合は残りの修業期間。
  5. 奨学金の支給方法
    原則として、毎月一定日に本人宛に支給するが、7,8月、2,3月分については2か月分まとめて支給する。また、学校から特別に指示がある場合は学校経由で支給する。
  6. 応募方法
    必要書類を取り揃えた上、学校担当者経由で提出のこと。
    (必要書類)
    (1) 願書(学校から受取ること)
    (2) 在学学校長の推薦書(財団指定フォーマット、学校から受取ること)
    (3) 成績証明書
    (4) 健康診断書(発行が間に合わない場合は後日提出のこと)
    (5) 家計維持者の収入証明書コピー(両親可)
    (6) 課題(A4用紙1枚、自由記述)
    課題内容:「10年後の自分」について
    10年後、どのように社会で貢献できる人間になりたいか、A4用紙1枚にご記入ください。
    絵や写真の貼付可能です。

  7. 書類提出期限(奨学会事務局必着)
    平成30年4月27日(金)
  8. 結果の通知について
    合否にかかわらず、本人、学校宛に結果を通知する。
    尚、学内選考を実施した場合は、その結果は学校側から応募者へ合否を通知すること。
  9. 奨学生の義務について
    奨学生は、以下に定める義務を履行する必要があります。
    (1)奨学生は、奨学金給与規定を厳守すること
    (2)次のいずれかに該当する場合は、直ちに事務局に連絡すること
    1.留学をする場合
    2.休学、復学、転学又は退学したとき
    3.停学、その他の処分を受けたとき
    4.氏名、住所、メールアドレス、その他重要な事項に変更があった場合
    5.留年又は卒業延期の恐れが生じたとき
    (3)毎月(ただし7・8月は7月、2・3月は2月)奨学金の交付をうけた奨学生は、
       当月末までに奨学金領収書を提出すること
    (4)毎年度末に、下記の書類を事務局に提出すること
    1.活動報告書(指定のフォーマット)
    2.成績証明書
    3.収入証明書
    4.進路報告書(卒業生のみ)

  10. 奨学金の休止について
    休学、あるいは長期に欠席する場合は奨学金の交付を休止する。
    このような場合は速やかに本会事務局に連絡すること。
  11. その他
    (1)募集は各学校宛に行うため、学校経由で応募すること。直接応募は認められていない。
    (2)当財団の奨学金は、返還の必要はない。
    (3)他の奨学金との併願・併用は可能。
    (4)提出された応募書類は返却しない。

戻る 願書記入の手引き